看護部のご案内

NUSING

HOME >> 看護部 >> 看護部のご案内

看護部長挨拶

GREETING

三好病院は、整形外科の周術期や慢性疾患、終末期等の患者さんを受け入れる一般(急性期)病棟と積極的治療は必要としないが、在宅での生活が困難な慢性期の患者さんを対象とした医療療養型病棟という機能の違う2病棟と同法人内の医療機関併設型介護医療院(2019年4月介護療養型病棟より転換)で運営されており、看護者は多岐にわたる看護経験を積むことができます。 看護部では人権を尊重した、安全で質の高い看護を目指しており、患者さんや家族の方々の思いや辛さを理解しようとする心を大切に、チーム医療のキーパーソンとして、生活支援、意思決定支援を心がけています。医療(内容)と患者さんの思い、その優先度に対して倫理的ジレンマを感じる心を大切にして、皆で話し合いながら取り組んでいきたいと思います。

また、看護者がバーンアウトすることのないよう自分自身も大切に、自身の生活と上手に両立しながら、長く働き続けられる魅力ある職場づくり、自ら学べる体制づくり、認め合い助け合える仲間づくりを目指します。看護は職業としてのキャリアアップが、その人の人間的成長につながる専門職です。

患者さんにより良い看護の提供を考えながら、皆でともに成長していきましょう。

看護部長 日野 文子

看護部基本方針

BASIC POLICY

看護体制

NURSING SYSTEM

看護単位 5単位(一般病棟・療養病棟・外来・手術室、介護医療院)
看護方式 チームナーシング・日替わりペアナース、受持ち制
勤務体制 二交替制、早出・遅出

教育体制

EDUCATION SYSTEM

看護部教育理念

病院、看護部の理念に則り、変化する保健・医療・福祉のニーズに柔軟に対応し、質の高い看護サービスを提供するために、看護専門職としての誇りを大切に、看護職員のキャリア開発と自律を支援し、一貫した生涯教育を目指します。

Creative
創造的な
Positive
前向きな
Reflection
振り返ることで、自分自身を見つめ返す

教育目的

病保健・医療・福祉のニーズに対応し、根拠に基づいた看護実践能力と医療チームの一員として自律した役割遂行能力を育成する。

教育目標

  1. 基本的な知識・技術・態度を身につけ、安全で安心な看護を実践できる。
  2. 組織での自己の役割を認識し、人間関係を円滑に連携・協働しながら組織の機能を高める。
  3. 看護専門職業人として、変化する保健・医療・福祉のニーズに柔軟に対応できる能力を養う。
  4. 自律した看護専門職業人として、自己研鑽しながらキャリアアップを図る。

現任教育

  1. 院内教育は、年度初めに目標管理面接を行い、クリニカルラダーのレベルを確認し、年2、3回のラダー別研修を勤務時間内で受講できるように組んでいる。その他、看護実践をテーマにしたスポット研修を月一回開催しているが、実践の場でのOJTを重視し、聞きやすい環境、皆で育てる風土作りを心掛けている。
  2. 院外研修は、自身のキャリアアップにつながると同時に職場にフィードバックできるものであれば、一人年一回を目安に最大、勤務扱いで交通費・参加費全額補助している。(図「現任教育枠組み」参照)